WORKS 069

自動ラベラー機の導入で、 生産性を4倍に。

マイケーフーズ株式会社
生産ラインの再構築

スーパーのお惣菜は、いまや生活にかかせない存在。
人手不足とコストの観点から、生産性の向上が課題でした。
私たちは、自動ラベラー機を生産ラインに組み込むという施策を提案。
このプランを実施した結果、1人1分当たり10枚のラベリングが限界だったところが、同じ時間で40枚ものラベリングが可能に。
また、機械の選定や調達、導入後の保守管理まで一貫してサポートすることで、スムーズな生産ラインの再構築を実現しました。